2017年05月21日

WE AK PMCのリコイルはドコッドコッドコッ・・・・

WEのAK PMCをゲットしました。VFC M40A5も一段落して次は何かとネットを見て回っていたら、これが目にとまりました。ボルトがフルストロークするっていうじゃ無いですか。おまけにリコイルは結構強烈だとか。それにクレーンストックとレール付ハンドガードを備えたタクティカルなスタイル。一度はAKから離れていましたがこれだけ条件が揃えば手に入れない訳にはいかないしょ。






では軽めなレビューを。

フルストロークするボルト周り。ボルトは赤い矢印のところまで動きます。




セレクターはお馴染みの形。




残念なのはボルトの表面仕上げ。これが美しくないです。ここ以外はきれいなんで残念です。真っ先に手を入れたいと思わせる出来です。




マガジン周りです。右側のみマグウェルがついています。



グリップ




スリングスイベルが1個付いており反対側に付け替えることも出来ます。






ストックはM4でお馴染みのクレーンストック




前方に移ってフロントサイトとハイダー。その下にクリーニングロッドが収まっています。




4面レイルを備えたハンドガード



下面



上面




リアサイト




左側にはマウントレールが備わっています。AK用のサイドマウントが取り付けられます。




刻印らしい物はここだけです。








今日はここまで。





























  

Posted by sunny956  at 19:06Comments(0)AK PMC

2017年05月14日

スコープのお色直しとサプレッサー

前回デカールでシュミット&ベンダーのロゴを付けてみましたが、やっぱりせこいのでやめました。そのかわりイルミノブのVECTORのロゴを消してやりました。あと追加で半ツヤ黒で塗った対物レンズがややツヤ不足なので半ツヤクリヤーでちょっとつや出しをしました。













ということでスコープについてこれで一応終わりとします。


次はこれです。
WebでM40A5の画像を見るとサプレッサーが装着されているものが多いように思います。そこで我が家のM40A5にも付けてみたくて買いました。でも高いですね。これで国産のハンドガンなら買えちゃいそうな値段なんだから。



実物がどうか分かりませんが刻印らしいものはありません。全長270mmほどです。



取付のための説明書が添付されています。



VFCのこのハイダーでなければ取りつかないようです。



ワンタッチで取り付けられます。ハイダーに被さっていますから全長で160mmくらい長くなります。



この角度いいですね。






随分長くなるかと思いましたが、結構良いバランスです。



こうやって見るとバレルが短く見えないですか。



こっちが良い。



ほぼ私の中では完成形ですが、出来ればスリングをつけたいかな。実銃では革製のMRTスリングが装着されているようですが、実物はなかなか手に入らないし、もし入っても皮が固いしあんまり好みでは無いんですよ。

出来ればパッドの付いたナイロン素材の物が良いと思っています。例えばこの写真のような。(写真が小さくてよく分かりませんね)


では、また。

  
タグ :VFCM40A5


Posted by sunny956  at 14:49Comments(0)M40A5

2017年05月07日

KSC マカロフPMG

とうとうGWが終わってしまいますね。ただでさえ日曜はサザエさん症候群でブルーな気持ちになるというのに連休明けはそれが更にパワーアップしちゃいますよね。

連休中にGUN Professional誌 6月号を何回も何回も読んでいたんですが、その中で気になったのがトイガンの新製品紹介にあったKSCのマカロフPMGです。




今までマカロフとかトカレフとか東側のハンドガンには正直興味がありませんでした。何故かというとカッコよくないから。でもこのマカロフPMGはちょっと違う。

ネットで写真を探したけど見つからなかったけどYou Tubeにありましたので見て下さい。




このモデルはマカロフにイスラエルのFABディフェンス社のグリップを取り付けたものになります。モダンなスタイルに変化するのとグリップエンドで操作するマガジンキャッチがグリップ根元で操作出来るようになるギミックが内蔵されています。

KSCのH.Pにも記載は無くて発売日は未定ですがちょっと楽しみですね。


  

Posted by sunny956  at 18:26Comments(0)新製品

2017年04月23日

スコープにS&Bのロゴを・・・

お試しのつもりでスコープにS&Bのロゴをいれてみました。




使用したのはこちら



インクジェットプリンタを使ってオリジナルのデカールを作る「おうちde デカール」 byガイアノーツです。

パソコンでネタを作成します。私はEXCELを使って作りました。それを反転・鏡像印刷します。







その上に接着シートを貼り付けます。



必要な分を切り出して接着シートの裏紙を剥がして貼りたい場所に貼ります。その後紙の面に水を付けてその紙をずらすとはい出来上がり。



所詮デカールですから強度はありませんからこすらないようにしないといけません。なので上からクリヤーでも吹いて保護すると良いかもしれません。

ロゴマークも作ったので2カ所だけ貼ってみました。







反対側













今回はお試しということでイルミ・ノブには手を加えていませんがデカールの出来が上々ならばここにも手を入れようと思っていますがどうでしょうかね。少し時間をおいて考えてみます。もう少し強度が確保出来るデカールがあれば使って見たいですね。


  


Posted by sunny956  at 22:37Comments(0)M40A5

2017年04月16日

スコープのロゴを消す!

かなり間があいてしまいましたが、何もしていない訳では無くて毎日せっせとスコープをいじっておりました。前回問題にしていたVector Opticsの刻印を消しました。

この対物レンズのところにある刻印が気に入りません。




まず刻印を埋めるように黒の瞬着を盛りまして耐水ペーパーで平らにし、塗装します。



塗装は下地にミッチャクロンを吹いて、その上にMr.COLORのNo.92 セミグロスブラックをスプレーしました。
結果がこれです。





前方のマウントリングから前の部分を塗装しています。よく見るとツヤの感じが違いますがぱっと見はそれ程気になりません。





結果としてはまぁまぁ上手く出来ましたが、1度目はミッチャクロンを吹かずに上塗りをしたところ塗料の食いつきが悪くて失敗しました。
一度塗装を全て落として2度目に何とか成功した次第です。お陰で結構時間がかかりました。




欲を言えばS&Bのロゴを入れたいと考えています。それはこれからボチボチとやっていこうと思っています。

前回のスコープの紹介で忘れていたところがありましたので追加で紹介しておきます。

それはエレベーション・ノブです。
1回転目は上部の窓の中が黄色になっていますが、2週目は黒に変化して今の位置が何処になっているか分かるようになっています。









それからバトラーキャップを取り付けました。



サイズを選択するのが難しいですが、今回選択したのは対物レンズ側が40OBJ(57.2mm)で接眼レンズ用が18EYE(43.2mm)です。




結果は対物はきつくて接眼はゆるかったです。ゆるい接眼用は内側にテープを巻いて対処。



きつい方は無理に押し込めば取り付けられそうでしたが塗装面がはげる恐れがありますので内側をリューターに紙やすりを巻きつけ削ってやりました。
















やっとカッコがつきました。

  


Posted by sunny956  at 20:14Comments(2)M40A5

2017年04月05日

スコープに大問題が!!

やっと手に入ったことで有頂天になっていて、全く気がつかなかった大きな問題。

それは昨日紹介した対物レンズ付近のロゴです。




AliExpressのstoreの写真でも国内で販売されているものを見ても、こんなところにロゴが入っているものは無い。
偽物をつかまされたかと思ってネットを彷徨いながらこんな無粋なモデルがあるか探して見ました。


するとVectorOpticsの製品の中でも同じように対物レンズ側にロゴがはいっているものがありました。



それから国内で販売されている舶来アーモリーさんで昨年の9月頃に仕入れた製品は私の物と同じところにロゴが入っていました。(最近販売された物は対物レンズのところにはロゴ入っていませんでした)


しかし正直カッコ悪いですよ。これは。黒く塗っちゃいますか。


  
タグ :M40A5


Posted by sunny956  at 22:04Comments(0)M40A5

2017年04月04日

VECTOR OPTICSのスコープを眺める!

VFC M40A5に装着するために購入したVECTOR OPTICSのMODEL SCFF-09 SIEGFRIED 3-12X50FFPです。でもまだ装着していません。

今回は外観を眺めてみます。






左からウィンデージ・ノブ(水平方向の調整)、エレベーション・ノブ(垂直方向の調整)とサイドフォーカス・ノブ(50m~∞)



ウィンデージ・ノブ側からみたところ



サイドフォーカス・ノブの後ろがイルミネーーション・ノブでこの中に電池(CR2032)が入ります。イルミネーーション・ノブで11段階に輝度を調整出来ます。イルミネーーション・ノブのマークは"V"のマークもあるようですがこの製品は★マークです。



ズームリングとディオプターになります。3 4と表示されているのがズームリングです。+-0--の方がディオプターでスコープを覗いた時に特別に目を凝らしたりしなくてもレティクルがクッキリと見えるように調節するためのものです。



角度を変えて。



対物レンズのここにVECTOR OPTICSのロゴが入っています。





付属品です。

中央下にあるのが34mmのマウントリング。34mmのマウントリングってなかなか売っていないのでこれが無いと取り付けられない。



レンズの反射を防ぐキルフラッシュです。



例の青い小物は中からレンズクリーナーが出てきました。





次回は是非M40A5に装着した画をお見せしたいです。
  


Posted by sunny956  at 21:27Comments(0)M40A5

2017年04月02日

国際小包が届いた!

今日国際小包が届きました。









中身は・・・・・








かねてより狙っていたVECTOR OPTICSのMODEL SCFF-09 SIEGFRIED 3-12X50FFPです。そうM40A5用です。

開封の儀。パッカーンとね。



内容物を並べて見ました。



本体の他に左から保証についてのパンフレットやName Cardのようなもの。六角レンチ、なんだかよく分からないブルーの小物。34mmのマウント2個、それとキルフラッシュ。それから本体には保護キャップがついています。

本体のレビューは次回にしますが、今回はどこから購入したか参考になればと思い紹介します。

購入したのはAliExpress(アリエクスプレス)という中国のアリババの運営する海外向けサイト。始めから海外向けに作っているためインターフェイスは英語の他日本語にも対応しています。まぁ中国版のamazonと言えばわかりやすいでしょうか。

AliExpressではこのスコープが40K弱です。(私が購入した時はセール期間中で更に約15%OFF)
しかし、送料や通関手数料とか追加費用が掛かるからトータルすると国内で買うのと変わらないんじゃ無いかと思っていたところ、配送方法を選べば送料無料です。また今回の場合は通関費用とかもまったく掛かりませんでした。送料無料の配送はChina Post Air Mail(EMS)です。FEDEXとかDHLは早いけど3~4000円の費用が掛かります。今回はなるべく安く購入することを目指していたので時間が掛かってもいいので送料無料のChina Post Air Mailを選択しました。

まぁ2~3週間待てば届くだろうと思っていたところ、なんとstoreから発送の連絡が来た次の日に我が家に届きました。実際には発送から3日目に届いたようですが、恐ろしく早くないですか。国内でもこのくらい掛かるところもあるというのに。

3/29   注文
3/31 storeから出荷
4/2   受取

今回は初めてのAliExpressでの買い物でしたが、大変満足のいくものでした。しかしながらこれはあくまで私の今回の買い物に限った話しであり、全ての買い物に対して保証するものではありませんので実際に買い物する場合はすべて自己責任でお願いします。特にクレジットの使用には一抹の不安がつきまといますから。安心・安全を考えると国内での調達が一番かと思います。

参考に私が購入したstoreはこちらです。右上のLanguageで日本語を選択すれば日本語で表示されます。それからその隣のship toで配送先をJapanにすれば送料も分かります。

では次回はスコープ本体をじっくり見ていきましょう。


  


Posted by sunny956  at 22:13Comments(0)M40A5

2017年03月25日

やっぱりM4が好き!

ということでWEのM4A1を手に入れました。



先日VFCのM40A5 Dxバージョンを買ってしまい、財布が軽くなってしまったのでTMのM4A1 MWSを手放してしまいました。その抜けた穴埋めに、前から欲しかったWEのM4A1をつい。

WEのM4は新品でも比較的安価ですが、その代わり無刻印です。でもコレクターとしては無刻印は物足りません。そんな時に刻印入りのM4A1が手の届きそうな価格でヤフオクに出ていたのでちょっと頑張って落札しました。



全体的に程度は良く、ボルトキャッチとボルトキャリアはスチールに変更されています。またNPASも導入済みと言うことでした。

では全体を見てみましょう。

Colt社の刻印





ハイダーはスチール



バレルとフロントサイト。スリングもついています。フロントサイトから前の部分のバレルはスチール。



レイルにはシュアファイアのレイルカバーが装着されています。これがなかなか良いですね。フォアグリップもついています。こちらは無刻印。



キャリングハンドル回り



トリガ、トリガーガード、グリップはスタンダード



ストックは軍に納品される6ポジションのM4カービンに標準装備される最もベーシックなスタイルのもの。



ボルト周り。このモデルは勿論オープンボルトです。






右側面





マガジンは付属 1個、ヤフオクで追加購入 1個と以前から持っていたショートマグが1個となります。




全体としては所々塗装の剥げがありますが大したことはなく良い雰囲気を持っています。

実射や分解は次回以降に。
  
タグ :WEM4A1


Posted by sunny956  at 20:46Comments(0)M4A1

2017年03月21日

新しい電動ハンドガン いや ドリルドライバー

100Voltコード式のドリルドライバーしか持っていなかったので充電式のドリルドライバーを購入しました。コードを繋ぐというのは面倒ですからね。





amazonで結構安く販売されていたのでつい。




本体と充電器、それにプラスのドライバービットが同梱されています。




では見ていきましょう。

グリップはステッププリングはありませんが滑り止めが付いています。



フレームはHWではなくABS樹脂です。



トリガーは極く普通のタイプです。



トリガーの上部にはセーフティいや回転方向をかえるボタンがあります。



AUTOの発射サイクルをコントロールするいや回転速度を2段階にかえるスイッチがあります。





バレルいやチャック部分を見てみましょう。



口径は0.8mm-10mmとなっています。10mmといえば40S&Wか。



安いドライバーにはクラッチが付いていないものがありますが、この製品にはクラッチが装備されています。勿論ドリル使用時はNONクラッチです。



クラッチは1~20段階で数字が書いていないところもノッチがあります。



バッテリーは7.2voltのリポいやニッカドです。



充電は約1時間です。




まだ実際に使用していないので、その辺のレビューは出来ませんが手にした感じは思ったよりも小型でグリップも握り安くて良い感じです。ただ値段が値段だけにややチープな感じが漂っています。まぁそんなに大きな工作をする訳ではありませんのでエアガンのメンテには十分ではないでしょうか。








  

Posted by sunny956  at 21:48Comments(0)工具