2017年06月21日

デジタル秤の使い方 続編

Digital Luggage Scaleという秤の重量測定ではない別の使い方を紹介します。大して興味深い物ではありませんのでスルーして下さっても結構ですよ。

体重計などの秤と違ってDigital Luggage Scaleはどちらかというとバネばかりに近い構造をしています。そこでM4のチャージングハンドルを引く力、別の見方をすればリコイルスプリングの堅さを図ってみようというものです。

測り方はこのようにしました。チャーハンに秤のベルトを引っかけて引っ張るだけです。



但し引っ張る力は安定しないので測定した値は正確な物ではありません。引っ張り方をちょっと変えただけでも読みが変わりますので、あくまで参考値にしかなりません。

計測する前に実際にチャーハンを引いて思ったのはGHKが他のM4よりも軽いなぁということです。さぁ計測してそのような結果が出るでしょうか。

まずはKSCのM4A1



次はWEのM4A1




VFC SOPMOD M4




で最後にGHK M4A1




列記するとこうなります。

WE:1840g>KSC:1410g>VFC:1150g>GHK:920g  となります。
やっぱり感じたようにGHKが軽かったです。WEとGHKでは倍も違います。GHKのリコイルスプリングをもう少しヘビータイプに交換してみたらどうなんでしょう。とか数字で見ると感覚よりは色々といじる時の目安になりそうですね。

Digital Luggage Scaleのやや変則的な使い方の紹介でした。


  

Posted by sunny956  at 20:33Comments(0)工具

2017年06月17日

Digital Luggage Scale

長物の重量を測定するためにDigital Luggage Scaleという秤を導入しました。こっちが重いとか軽いというのは感覚では何となく分かりますが、数値で表したくて秤を用意しました。


はじめは体重計を買おうと思って探していましたが、最近の体重計はオートパワーオンという機能があって、台に乗ると電源がオンになるようになっていますが、台にエアガンを乗せた時に電源が入るかどうか不安があり、他の秤を探していたらスーツケースとかの重量を計るものがあって、価格も安く場所も取らないので便利そうだったので買ってみました。

このような箱に入っています。MADE IN CHINAです。



電源スイッチと液晶の表示部があるだけです。



このベルトに計りたい物をぶら下げて使います。



表示はgとkgに切り換えられます。また風袋を測定している状態で電源スイッチを入れれば、その状態で0gとなりますので風袋の重さをキャンセルして中身だけを計測することも出来ます。最高50kgまで計測できます。





早速手持ちのM4(KSC、GHK、WE、VFC)を計測してみました


KSC
本体のみ : 2.62kg  マガジン込み : 3.24kg








GHK
本体のみ : 2.45kg  マガジン込み : 3.06kg








WE
本体のみ : 3.03kg  マガジン込み : 3.36kg








VFC
本体のみ : 2.78kg  マガジン込み : 3.17kg








重い順にWE>VFC>KSC>GHK となりました。

番外編でこちらも計測しました。

WE AK PMC
本体のみ : 3.62kg  マガジン込み : 4.25kg







これは重いですね。

今回はDigital Luggage Scaleの紹介とM4の重量測定をしてみました。実はこの秤を買った理由にもう一つ別の使い方をしたいという思いがありまして、その使い方は次回に紹介します。
























  

Posted by sunny956  at 11:45Comments(0)工具

2017年06月11日

WE AK PMC その4

WEのAK PMCの唯一の減点ポイントであったボルトの塗装をしました。

塗装に使ったのはキャロムのブラックスチールです。



こちらが塗装前。表面仕上げが悪いですね。




そして塗装後。きれいになりすぎてしまったかな。塗装前にペーパー掛けをしてスプレーをしています。スプレー缶に書いてある通りに
塗装すればきれいに仕上がります。下地の脱脂はちゃんとしないと駄目なようです。







キャロムのスプレー塗料を使うのは初めてでしたが、簡単でしかもこのようにきれいに仕上がり、また塗膜も丈夫で言うこと無しですね。
価格がちょっと高いのが残念ですが、その価値はありますね。

組み込んでみると周りのスチールのパーツとも馴染んでいます。







弱点のなくなったWE AK PMCです。
そう言えばWE M4A1の紹介が1回で終わっているんですよ。そのあとGHKのM4A1もあったりして、ついつい忘れていました。VFCやGHKとか色々なガスブロをいじってみて改めてWEは良いなぁと感じている今日この頃です。リコイルも実射も満足いく物です。近いうちにWE M4A1のレビュー続編したいと思います。


  
タグ :WEAK


Posted by sunny956  at 13:45Comments(0)AK PMC

2017年06月04日

GHK M4A1 カービン GBB

GHK M4A1 カービン ガスブローバック ガスガン スチールアウターバレル スチールボルト 14.5インチ ネイビーシールズ刻印というのをヤフオクで手に入れました。またM4なんですが、好きなんですねM4が。一度手放した東京マルイのM4A1 MWSをもう一度入手しようかと考えましたが、やっぱり独自メカを持つ構造に妥協出来なくて前々から興味のあったGHKのM4に手を出しました。
レビュー記事が少ないGHK M4A1なのでざーっと見ていきましょう。












フラッシュハイダーとバレルです。バレルには5.56の刻印が入っています。



フロントサイトベースにも刻印が入っています。



ハイダー、アウターバレル、フロントサイトベース、ハンドガードキャップはスチール製



レイルは手触りもよく、ナンバリングも綺麗に入っています。



レイル下部



アッパーフレーム上部のレイル。こちらもナンバリングされています。



GHKのM4A1で特徴的なリアサイトです。これはKACタイプのようです。



それからGHKでもう一つ他のM4と違うのがこの刻印。U.S. NAVY SEALの深彫り刻印が施されています。












エジェクションポートカバー、マガジンキャッチ、トリガー. ボルトフォワードアシストノブ、セレクターはスチール製。



ボルトリリース、ストックチューブナット等スチール製。



ストックはお馴染みのもの。



マガジンは装弾数40発。



ガス放出バルブの下にガス注入バルブがあります。



底板にはGHKのロゴが大きく入っています。



マガジンケースと底板はスチール製。



実射は暑い日だったのでマガジン表面温度は30℃でした。



93〜95m/sと結構出ています。セミ、フルオート共に快調に作動します。やっぱり夏はいいな。





今回は外観だけになりますが、スチールが多用されていて剛性が高いです。重量はスペックでは3100gとなっていますが、持った感じは軽く感じます。

続く......


  

Posted by sunny956  at 22:52Comments(0)M4A1

2017年05月31日

WE AK PMC その4

ンパス、いやいやエヌパス(NPAS)をいじります。
ボルトキャリヤをいじれるように分解して付属のレンチを前方から入れます。



付属のレンチのアップ!  先端に六角の穴があいています。



NPASの穴の開いている部分にマイナスドライバーを差し込んで回らないようにして、先程の付属のレンチを回してNPASを調整します。
右回転で初速が下がります(リコイル側にガスが流れる)
左回転で初速が上がります(放出側にガスが流れる)



目一杯左に回して見ました。マガジン温度は29℃です。



69~73m/sになりました。これが精一杯です。思ったより上がらなかった。この状態でもリコイルは十分です。フルでもバシッバシッ動きます。(ショートリコイルの恩恵か?)





これだけでは、少々つまらないのでもう一つ小ネタを。


サイドマウントを取り付けましょう。ヤフオクで安価で落札(送料は高かった)した物です。


まぁ普通の出来です。



このナットのような物を回してロックの状態を調整します。その時はレールアダプタを矢印の方向に動かしてナットに掛かっているロックを外してナットを回して調整します。


ロックする時はレバーを前方に回します。



サイドマウントを装着したところ。しっかりとつきました。






手持ちのT-1ダットサイトを装着










なかなか精悍なスタイルになりました。

WE AK PMCも一段落というところですね。あとボルトの塗装が残っていますが、それはもう少し塗装について研究してからにします。


  
タグ :AKWEPMC


Posted by sunny956  at 19:51Comments(0)AK PMC

2017年05月28日

WE AK PMC その3

今回はこれ。WE AK用のショートストロークキットを組み込みます。



中身はこの2点のみ。説明書は入っていませんでした。大きい方のパーツの尖った部分はバッファースプリングが内蔵されています。



小さい方の部品はリコイルスプリングの基部に取り付けます。



最小に付いている物を外して、代わりに取り付けます。



この向きに付けます。



バッファ(大きい方の部品)を取り付けつつ、リコイルスプリングを取り付けます。



写真ではわかり難いですがリコイルスプリング基部に取り付けた部品とバッファ(大きい部品)が噛み合うように取り付けます。



ボルトハンドルはここまでしか引けなくなります。


この状態で実射するとセミもフルもキレッキレッになります。特にフルオートはもっさり感が無くなり結構なサイクルで動きます。
フルストロークが売り物だったWEのAKからフルストロークを取ってしまうのは如何なものかと思いますが、これはこれでありかなと。




次回はNPASを調整してリコイル側のガス量を減らし初速を上げるようにしてみたいと思います。


  
タグ :WEAK


Posted by sunny956  at 20:58Comments(0)AK PMC

2017年05月27日

WE AK PMC その2

WEのAK PMCのレビューの続編になります。



前回で見落としていたところを見ていきます。
マズルサプレッサーを右上方向に切り欠いて右利き射手の銃口跳ね上がり対策としています。これはAKMと同じですね。スパッと切ったような切り口です。



マズルサプレッサー、フロントサイトの一部、クリーニングロッドはスチール製です。



前回書き忘れましたが、セレクターレバーをセーフティ位置にするとボルトハンドルをボルトをオープン位置で固定することが出来ます。
この状態でホップの調整が出来ます。まぁ私はお座敷なのでホップはいじりませんが。



トップカバー、トリガーガード、マグウェル、スリングスイベルはスチール製



トップカバーを外すとおなじみのリコイルスプリングが見えます。



通常分解はここまで



前回も書きましたがボルトの表面処理が残念ポイントです。表面は荒れているし、メッキのような着色がマダラなんです。塗装しようと思っているんですが、塗装してしまうときれいになりすぎるんじゃないかと躊躇しています。



ボルトとガスピストンは簡単にばらせます。



赤枠で囲んだところはお試しで表面をペーパーで均して黒染めしてみたところです。もう少しツヤがあったほうが良いですね。



チャンバー周り



トップカバーをレシーバーにセットする時にリコイルスプリングのラッチを掛けるんですが、これがすんなり行きません。そんな時はボルトハンドルを引くと簡単にラッチが掛かります。ここもはげはげです。




実射です。気温が上昇してきて室温30°C、マガジンも同温度で試しました。




初速は53~67m/sと結構ばらけてます。リコイルは申し分ありません。フルオートはボルトがフルストロークするのでもたつく感じです。
しかし撃って楽しい1挺です。






次はこれを組み込みます。ショートストロークキット。WE AK PMCの売りであるフルストロークを殺してショートストロークにしてしまうものです。しかしこれでどんな風に変身するのか楽しみです。






  
タグ :WEAKPMC


Posted by sunny956  at 22:09Comments(0)AK PMC

2017年05月21日

WE AK PMCのリコイルはドコッドコッドコッ・・・・

WEのAK PMCをゲットしました。VFC M40A5も一段落して次は何かとネットを見て回っていたら、これが目にとまりました。ボルトがフルストロークするっていうじゃ無いですか。おまけにリコイルは結構強烈だとか。それにクレーンストックとレール付ハンドガードを備えたタクティカルなスタイル。一度はAKから離れていましたがこれだけ条件が揃えば手に入れない訳にはいかないしょ。






では軽めなレビューを。

フルストロークするボルト周り。ボルトは赤い矢印のところまで動きます。




セレクターはお馴染みの形。




残念なのはボルトの表面仕上げ。これが美しくないです。ここ以外はきれいなんで残念です。真っ先に手を入れたいと思わせる出来です。




マガジン周りです。右側のみマグウェルがついています。



グリップ




スリングスイベルが1個付いており反対側に付け替えることも出来ます。






ストックはM4でお馴染みのクレーンストック




前方に移ってフロントサイトとハイダー。その下にクリーニングロッドが収まっています。




4面レイルを備えたハンドガード



下面



上面




リアサイト




左側にはマウントレールが備わっています。AK用のサイドマウントが取り付けられます。




刻印らしい物はここだけです。








今日はここまで。





























  

Posted by sunny956  at 19:06Comments(0)AK PMC

2017年05月14日

スコープのお色直しとサプレッサー

前回デカールでシュミット&ベンダーのロゴを付けてみましたが、やっぱりせこいのでやめました。そのかわりイルミノブのVECTORのロゴを消してやりました。あと追加で半ツヤ黒で塗った対物レンズがややツヤ不足なので半ツヤクリヤーでちょっとつや出しをしました。













ということでスコープについてこれで一応終わりとします。


次はこれです。
WebでM40A5の画像を見るとサプレッサーが装着されているものが多いように思います。そこで我が家のM40A5にも付けてみたくて買いました。でも高いですね。これで国産のハンドガンなら買えちゃいそうな値段なんだから。



実物がどうか分かりませんが刻印らしいものはありません。全長270mmほどです。



取付のための説明書が添付されています。



VFCのこのハイダーでなければ取りつかないようです。



ワンタッチで取り付けられます。ハイダーに被さっていますから全長で160mmくらい長くなります。



この角度いいですね。






随分長くなるかと思いましたが、結構良いバランスです。



こうやって見るとバレルが短く見えないですか。



こっちが良い。



ほぼ私の中では完成形ですが、出来ればスリングをつけたいかな。実銃では革製のMRTスリングが装着されているようですが、実物はなかなか手に入らないし、もし入っても皮が固いしあんまり好みでは無いんですよ。

出来ればパッドの付いたナイロン素材の物が良いと思っています。例えばこの写真のような。(写真が小さくてよく分かりませんね)


では、また。

  
タグ :VFCM40A5


Posted by sunny956  at 14:49Comments(0)M40A5

2017年05月07日

KSC マカロフPMG

とうとうGWが終わってしまいますね。ただでさえ日曜はサザエさん症候群でブルーな気持ちになるというのに連休明けはそれが更にパワーアップしちゃいますよね。

連休中にGUN Professional誌 6月号を何回も何回も読んでいたんですが、その中で気になったのがトイガンの新製品紹介にあったKSCのマカロフPMGです。




今までマカロフとかトカレフとか東側のハンドガンには正直興味がありませんでした。何故かというとカッコよくないから。でもこのマカロフPMGはちょっと違う。

ネットで写真を探したけど見つからなかったけどYou Tubeにありましたので見て下さい。




このモデルはマカロフにイスラエルのFABディフェンス社のグリップを取り付けたものになります。モダンなスタイルに変化するのとグリップエンドで操作するマガジンキャッチがグリップ根元で操作出来るようになるギミックが内蔵されています。

KSCのH.Pにも記載は無くて発売日は未定ですがちょっと楽しみですね。


  

Posted by sunny956  at 18:26Comments(0)新製品