2018年01月08日

WA M9 ハートロッカー バトルダメージ その①

今日は2018年1月8日で松の内が明けてしまいましたが、今年もブログ宜しくお願い致します。
(関東は1月7日まで、関西は1月15日までが松の内となります)

本年最初のネタは、昨年末から続いているWAシリーズ(いつの間にかそうなってしまいました)の最後となる予定のベレッタ M9 ハートロッカー バトルダメージになります。



COLT M45A1に続き、米軍の制式拳銃であるM9が欲しくてヤフオクでゲットしました。今となっては1世代前になってしまいますが新世代制式拳銃のM17はまだモデル化 されていないのでしょうがないですね。M9と言えばKSCのM9とマルシンのモデルガンのM9を持っていましたがコレクション整理のため手放して、手元にはM9が無くなっていたのでリアルな刻印と実銃と見紛うばかりの表面仕上げで定評のあるWAのM9を入手しました。

バトルダメージでなくても良いのですが、M9としてはこれしか販売されていないようなのでしかたないですね。





スライド左の刻印は実銃と同じですが〇で囲まれたPBが縁取りされています。実銃のM9の写真を見ると縁取りされていない物が多いように見受けられます。縁取りはコマーシャルモデルに多いのかな?
フレームには7桁のシリアルナンバーがあります。ミリタリーモデルは数字7桁でコマーシャルモデルはM9-XXXXXXとなっているようです。(間違っていたらゴメンナサイ)



スライド右側にはアッセンブリナンバーとPMの刻印があります。PMは特別な仕上げか材質のスライドのみに刻印されているようでミリタリーのM9には見られないようです。フレームの右側には何も刻印がありませんが実銃の写真を見ると"US 9mm M9 - BERETTA USA - xxxxx"(xxxxxはアセンブリ番号の最後の5桁)があります。



トリガ上部にはASGKが、トリガガードにはプルーフマークがあります。






WAのM9(ベレッタシリーズ)のマイナスポイントはここ、ブラブラハンマーです。ハンマーが完全に落ちた位置にならないんです。
KSCでは完全に再現されているだけに残念です。



ハンマーにはアセンブリーナンバーの最後の5桁が刻印されています。その上の数字は何を意味しているか分かりません。



ファイアリングピンは再現されていません。





オートマチックファイアリングピン・ブロックセーフティはモールドで再現されています。ここがモデルガンのように可動したら涙ものでしょうね。





重量はマガジン込みで1kgオーバーの1036gです。



次回は分解、実射編の予定です。


  
タグ :WAM9


Posted by sunny956  at 10:22Comments(0)M9 ハートロッカー

2017年12月30日

WA M4A1 SOPMOD ~実射編~

WA M4A1 SOPMODの実力を見せてみれやー。と実射編にいきたいのですが、その前に内部をチラッと見てみましょう。



まずはボルトアッセンブリから。





ボルトストップの当たるところはスチールのパーツが埋め込まれています。



重量は重りも含めて252gです。



リコイルバッファは重量62g。





では実射です。ってこのM4A1にはマガジンが付属していなかったんだ。取り敢えず手持ちの中から使えそうなマガジンを探しました。選んだのはG&Pのマガジンです。

マガジンを少々暖めて25℃にしました。



初速は大体75m/s前後とそんなに速くはないです。リコイルはまぁまぁ。というかどう表現して良いかわからない。驚くほどのリコイルではないけど、そんなに弱くもない。





それで、この後やっぱりWAのM4マガジンが欲しくなりヤフオクでゲットしました。何せWAのM4マガジンは¥10K越えですからね。
少々塗装の剥がれが在りますが、程度は良い方だと感じます。



底板にはCOLT刻印があります。



ね。綺麗でしょ。これで半額くらいで落札出来たので良かったです。



今年のブログはこれで終了です。最後なのに内容が乏しくてすいません。来年はこのようなことが無いようにしたいですね。
どうか来年も拙いブログですが宜しくお願い致します。

皆様、良いお年をお迎え下さい!!


  

Posted by sunny956  at 20:57Comments(0)M4A1 SOPMOD

2017年12月29日

WA M4A1 SOPMOD ~補修編~

オクで手に入れたWA M4A1ですのであちらこちらに軽度のダメージがあることは前回紹介しましたので、今回はそれらを補修します。





まずは付属していたCOMP M2 ダットサイトのラバーストラップがなくなっている件。



これはヤフオクでジャンクのCOMP M2を落として、そこからラバーストラップだけを持ってきました。完動品で比較的低価格の物を落とすことも考えましたが、COMP M2はこれ以上いらないのでジャンクを¥1K未満で落札しました。





次はロック機構の付いたピボットピンです。



これはWA用と称して販売されていたものを購入しました。



内容物はこちら。しかし、私のM4A1にはピンが太くて入らない。オマケに長さも長い。WAの純正のパーツを手に入れる手段を持ち合わせていないので、ここは力業で何とかします。



ピンの径を削りました。電動ドリルのチャックに加えてヤスリでゴシゴシとね。これが結構難しい。全体を同じ径にするのが難しい。細すぎるとユルユルになってしまうので注意しながら削りました。次に長さを調節。これもヤスリでゴシゴシしました。

脱落防止のピンが入る溝がピンの先端近くまであるので、ちょうど良いところまでアルミパテで埋めてやりました。



最後にお化粧としてパーカシールで塗装して完成です。









残るはトップレイルの塗装はがれ。




ここはあらたに購入したスプレーブラッセンのつや消し黒で塗装します。





余分なところをマスキングしてスプレーすれば終わりです。



組み上げた写真を撮り忘れましたが、良い感じになりました。

次回は内部チラ見と実射編です。年を越すかも知れません。

  

Posted by sunny956  at 22:59Comments(0)M4A1 SOPMOD

2017年12月11日

WA M4A1 フルメタルSOPMOD Ver 2014

まったくどんだけM4買えば気が済むんだと、自分自身に問いかける今日この頃。
今度はウエスタンアームズです。M4A1 フルメタルSOPMOD Ver 2014というモデルです。現在はフルメタルは商品ラインナップにはないので、これまたヤフオクで入手しました。(最近新品を買ってないわ)



定価は72000円もしたんだ。ウエスタンアームズはやっぱり高いね。



付属品はこのとおり。欠品はなんとマガジン。マガジンが無いんです。でも家にはWA互換マガジンといえるものが幾つかあるので、まぁいいかと勢いで落札しました。落ち着いて考えるとマガジンって結構高いからやっぱもう少し安く落とさないといけなかったですね。





ナイツタイプのフォアグリップ。無刻印です。



COMP M2ダットサイト。これはラバーストラップが欠品しています。全体的にはキズも無く美品で、作動も問題ありません。どこかにラバーストラップ単体で販売されているといんですが、なかなか無いですね。ジャンクのCOMP M2を入手するという手もありますね。



ではフロント周りから見てみましょう。特にマイナスポイント(手をいれるポイント)を中心に見ていきます。



ハイダーのうしろにスペーサーカバーがなくてOリングが剥き出しになっています。



デルタリングに塗装はげが見られます。



レシーバー右側面を見てみます。



フロントのピボットピンがフレームのガタを取るロックピンになっています。と言うことはフレームにガタがあるということかな。



"WESTERN ARMS ASGK"の刻印



トップレイルの塗装はげ。




と色々と手を入れたいところが見つかりました。そんなに大きな問題ではありませんがごちょごちょといじるにはッちょうど良い感じ。


悪いところばかり見てきたので今度は良いところを見ましょう。

バレルの刻印は文字がいっぱいいっぱいですがきれいに入っています。切削痕は無いですね。



フロントのレイルのナンバリングはきれいに入っています。



MaTechタイプの200-600 BUIS バックアップリアサイト。



左側面は特にプラス面もマイナス面もありません。



ざーっと見てきましたが、第一印象としては72000円という値段を考えると、もうひとつ何か足りないかな。INOKATSUと比べると全体の剛性感が不足してます。
しかしWAのセールスポイントはマグナブローバックが放つ強烈なリコイルでしょうから、実射が楽しみです。

次回は手直し編か内部レビュー編あるいは実射編になると思います。


  

Posted by sunny956  at 22:25Comments(2)M4A1 SOPMOD

2017年12月03日

G&P WOK M4A1 組立てキット ⑤

G&P WOK M4A1 ですが、ダットサイトを付けてみました。






これにはお手本になる画像がありまして・・・・

ちょっと前になりますが、こんなの買いました。



この中に「M4カービン ハンドリングマニュアル」と言う記事がありまして、そこにこの写真が掲載されていました。





ダットサイトはAimpointのCOMP M2のようです。それにアウターラバーカバーが装着されています。マウントはどんなのがついているか分かりません。

それで何とか似たような形に仕上げたのがこちら。



マウントはWilcox Mk18Mod0 for COMP M2/M3(レプリカ)です。






では取り付けましょう。














記事の中に登場するM4カービンに近づけたでしょうか?

  
タグ :M4


Posted by sunny956  at 21:38Comments(0)M4A1 WOK

2017年11月12日

WA 1056コンバット・コマンダー ②

WA 1056コンバット・コマンダーの続編です。



フィールドストリッピングした図。



ちょっとアップ。内部は特に変わったところは見当たりません。



素晴らしい質感のスライドの裏側を覗いてみると、見慣れた樹脂素材であることが分かります。磨くと表面のような金属肌になるんでしょうか。




それでは初速を計測してみましょう。マガジンの温度は26℃。



初速は70台前半です。リコイルは思ったよりも強かったです。空撃ちよりもBB弾を入れて撃った時の方がリコイルが強く感じます。




ハンドガンはこの先、あまりいじるところが無いのが残念です。長物、特にM4系なら色々なパーツが色々なメーカーから出されているので着せ替えが楽しめますし、光学機器の載せ替えも出来ますからね。


  


Posted by sunny956  at 07:55Comments(0)1056コンバット・コマンダー

2017年11月11日

WA 1056コンバット・コマンダー

WAの製品が続きます。今回は世田谷ベースモデルの1056コンバット・コマンダーです。これもM45A1と並んで以前から欲しかったモデルなんですが少々お高くて、中々手が出なかったんですがヤフオクで何とか手の届く価格でゲット出来ました。



何故このモデルが欲しかったかというと、みるからにカッコ良いじゃないですあ。具体的に言うとスライドの金属感、アイボリーのグリップ、そこにあるメダリオン・・・・

実際に手にするとスライドの質感は本物ですね。このモデルは自分でガンブルー仕上げが出来るようにガンブルー剤や研磨パッドが付属していますが、私はこのままが良いです。絶対に。(ガンブルーできれいに仕上げる自信が無いんですけど)





どうですか、刻印もキレイに入っていますけどスライドの金属感が伝わるでしょう。



右側には逆さ「福」があります。中国では「福を逆さにする=倒福(ダオフー)」と「福が来る=到福(ダオフー)」
の発音が似ているため、この逆さ「福」を縁起のよいものとしているそうです。少々古い話ですが、小林源文さんのハッピータイガーという、砲塔に逆さ「福」が描かれたタイガー戦車をネタにした劇画がありましたね。



右側のグリップの上方にSETAGAYA.A.F.BASE. TOKYO, JAPAN と1056-3Cの刻印があります。全てがオリジナルの刻印ですからこれはこれで本物ですね。グリップの後方にはASGKがひっそりとたたずんでいます。



アイボリーカラーのグリップ中央には世田谷ベースモデルの証”ロードストローラー・メダリオン”が嵌め込まれています。ています。


チャンバー・カバーにはSETAGAYA.A.F.BASEの刻印が入っています。



リアサイト、ハンマー周り



フロントサイト



マズル周辺



スライドを引いた状態







マガジンは装弾数21発。



このマガジンもマガジンキャッチの凹みから上方に擦り傷がありますね。WAの製品はこの傾向があるんでしょうか。





1回目は外観を見てみました。それにしても仕上げが良いです。私には出来ませんがガンブルーで仕上げられた逸品も見てみたいですね。

次回は内部チラ見と実射編と行きたいですね。

  
タグ :WA


Posted by sunny956  at 09:39Comments(0)1056コンバット・コマンダー

2017年10月29日

WA M45A1 その②

WA M45A1をもう少し見ていきましょう。



MADE IN JAPANとかMFG BY  〇〇〇とかの刻印は入っていませんでしたが、右のセーフティのこんなところにASGKの文字がありました。でもこんなところなら許せます。



その他に細かい刻印がこんなところに。



あっここにも、こっちにも。



ではフィールドストリッピングしましょう。





バッファーアッセンブリにはバッファ・ラバーとリコイル・スプリング・ガイド・ワッシャーが入っています。



バレル・アッセンブリー



チャンバー・カバーの質感と刻印がグッド!!



レイルはこの2本のスクリューで固定されています。



マガジンのキズは黒く染めておきました。(右の写真)
マガジンキャッチがあたっていると思いますが、黒染めしたところは今のところ削れていませんのでこのまま様子見ということで。






では実射です。マガジンは少々温めて28℃に。



概ね73m/s~77m/sというところです。リコイルはまぁまぁ。VP9なんかは鋭いリコイルですがこのM45A1はもうすこし太い感じのリコイルです。





初めてのWA製のハンドガンですが、気に入りました。こうなるとあれもこれも欲しくなってきた。こりゃ何か売りに出さないといかんかな。




  
タグ :WAM45A1


Posted by sunny956  at 22:15Comments(0)M45A1

2017年10月22日

WA M45A1をやっと手に入れた!

久々のハンドガンです。最近新しいモデルを買ってないですが、今回もヤフオクで手に入れた物になります。

海兵隊のMEUピストルの後継機種で2012年から導入されたM45A1 CQBピストルになります。何故これを買ったか・・・・今一番はまっているM4に一番ピッタリくるハンドガンはこれだと前々から考えていましので思い切って手に入れました。

そうそう東京マルイからもM45A1が近々発売されるようですが、東京マルイ製品は刻印とか材質とかサバゲーをしない自分にはマッチしないところあるので、買うことはありません。




では簡単に外観を見ていきましょう。





左側の刻印



右側の刻印。MADE IN JAPANNとかWAという文字はありません。





チャンバーの刻印は良いですね。



このモデルで問題になっているレイルですが私的にはあまり気にならないです。



G10グリップも上手く再現されています。



マズル付近のアップ



私のハンドガン選びで重要なアンビのセーフティ。だって私は左利きだから。本当はスライドストップとマガジンリリースもアンビにして欲しい。



リアサイト



ノバックですね。



フロントサイト



トリガー



シングルカラムのマガジン。ダブルカラムを見慣れていると何ともスリムなマガジン。



マガジンベースにはウイルソンコンバットの刻印。





こちらの側面にキズが入っています。



重量はマガジン込みで947gで手にするとずっしり。


同じ45ACPのFNX-45と並べて見ました。M45A1はスリムです。FNX-45はTANからーでM45A1はDEカラーでどちらもTANカラーですが随分と色味が違いますね。



取り敢えず外観の簡単なレビューでした。
  
タグ :WAM45A1


Posted by sunny956  at 22:03Comments(0)M45A1

2017年10月09日

Gun Professionls 11月号

実銃やエアガンの雑誌といえばGun Professionls(以下Gun誌)、コンバットマガジン、アームズマガジンがあります。アームズマガジンは以前は毎月購入していましたが、この雑誌はどちらかと言うとサバゲー寄り(電動ガン中心)の内容が多いのでお座敷の私は買ってまで読むことは無くなりましたね。コンバットマガジンはあくまで主観ですがWA色の濃い感じがしており、特別読みたい記事があれば購入しますがそうでなければスルーします。そんな中でGun誌は実銃の記事が2/3で残り1/3がトイガンの記事となっており私としては一番安心して読める内容となっています。




前置きはそれくらいにしてGun誌 11月号について紹介したいと思います。何故かと言うとブログのネタがないことと今月号の記事が自分の趣味にマッチしている内容だったからです。

表紙にあるのはCOLT Rail Gun。M45A1のコマーシャルモデルで2009年に誕生したレイル付きの現代版1911である。欲しい欲しいと思っている憧れのM45A1に通ずるシルエットはかっこいい。WAから発売されれば買うかも。(それならM45A1を買えよと言われそうだけど高くて躊躇しててしまうんでなかなか買えないんです。)

それからもう一つ表紙に写っているのがGlock 17&19 Gen5。FBIに採用された17M、19Mをベースに開発された新型のGlockです。どこがどう変わったか(20箇所以上の改良)については本誌を読んで頂くとして、外観からわかるところとはスライド右側にスライドストップがついたことと、グリップのフィンガーグルーブが無くなったこと。左利きの私として大歓迎なのはアンビになったスライドストップ。
早くどこかモデル化して下さい。

米陸軍の新サイドアームに選定されたSIG P320の実射レポート。この記事の中に書かれていますがP320で暴発問題があったんですね。これはある高さから落下させた時に暴発するらしいです。スライドの後端をハンマーで叩いても暴発するらしいです。でもP320はいいですね。モジュラーハンドガンシステムを取り入れたエアガンを作って下さい。

M4系としてはWilson Combat 5.56mm Tactical Customが紹介されています。

トイガンではタナカのS&W M327 Ver.2が特集で紹介されています。Ver.2になって刻印がよりリアルになってマニアにはそれだけでも嬉しいですが、さらに実射性能も向上しているようです。私も一度はM327を所持していましたが、タナカのリアリティは圧巻ですがペガサスシステムは自分としては受け入れられなかったで手放しています。

その他にも新製品が紹介されていますので、詳しくは購入してお読み下さい。
  

Posted by sunny956  at 10:11Comments(0)その他