2016年11月04日

KJW G19 のその後

KJワークスのG19ですが刻印入りのHWスライドを活かすためにフレーム周りをプチカスタムしてみました。




今回用意したパーツ達です。
GUARDERのフレーム、シリアルナンバープレート、トリガー、エクステンド・スライド・ストップ、マガジンベースになります。



こちらはGUARDERのノズルハウジングとKJワークスのハンマー・ユニットになります。この2点はカスタムというのではなく、私がいじり壊してしまったので修理用に購入した物です。



作業の内容は結構苦戦して、あまり写真が撮れていないので悪しからず。

まずフレームを見てみましょう。KJと比較してバリも少なく握り心地が良いですね。



今回購入したのはUSバージョンです。アメリカ合衆国ジョージア州スマーナというUS GLOCKの所在地が入っています。





こちらは特許の番号かな



シリアルナンバープレートは前後の張り出しを適当に切って瞬着で接着しました。




マガジンベースは↓の部品を交換して取り付けます。ガスの充填の際はベースをずらさなければなりません。






トリガーも交換します。

交換前


交換後。表面がすべすべになりました。


スライドストップはスタンダードからエクステンド・スライド・ストップに交換しました。




あとはハンマーユニットを新品に交換し、ノズルハウジングを交換して完成です。





















ノズルハウジングとハンマーユニットを交換したらコッキングインジケーターが働くようになりました。

ハンマーダウン時


ハンマーコッキング時


最初に組み込んだ時はスライドが全く動かず焦りました。プラハンで叩いてスライドを外して当たっているところを削り何とか動くように仕上げました。
価格がお手頃だったKJワークスのG19でしたがパーツ代でもう一挺買えてしまいましたね。パーツは高いので注意しなくては。


  
タグ :G19KJ


Posted by sunny956  at 22:45Comments(3)★G19

2016年11月01日

KJW G19 スライドHW 刻印入り

KJWのG19は無刻印だけどスライドはHWで価格も安く結構売れていましたが、やっぱり無刻印はちょっとね・・・ということで手を出しませんでしたが、ここに来てスライドにリアル刻印が入ったもモデルが販売されているのを知って、つい買ってしまいました。




セールスポイントのスライドから見てみましょう。



少々浅めの彫りですがリアルな刻印が入っています。

反対側も。シリアルナンバーやプルーフマークが入っています。HW素材が金属っぽさを出していますね。
(実は表面の仕上げが良くなかったので、軽くサンディングしてブルーイングしています)
エキストラクターは別部品ではなくモールドですが良く出来ています。



上面から。



メタルスライドは金属的なチャキーンと言う音が素敵ですが、HWの方が金属の雰囲気があって見た目は良いですね。

では無刻印のフレームを見てみましょう。





シリアルナンバープレートはマルイ式のスライドする安全装置になっています。



グリップにバリが出ていて握ると手に感じます。



のっぺりとしたスライドストップ




表面がザラザラしたトリガー。



マガジンベースも無刻印。



上半身はなかなかの出来ですが、下半身はどうも頂けません。






このスライドを活かすためにフレームを取り替えてチョコチョコとカスタムして行こうかなと思っています。




  
タグ :グロックG19


Posted by sunny956  at 20:34Comments(0)★G19