2016年11月28日

USP45をつくる

USP45をつくると言っても何もないところからつくり出すなんて私には出来ません。これはUSP45 TACTICALをUSP45もどきにすろものです。




こちらが元のKWAのUSP45 TACTICAL






手を入れるところは
①スレッド(ネジ付)バレルを通常のバレルに交換
②バレル交換に伴いインナーバレルを短いタイプに交換
③サイトを交換
④マガジンのベースプレートを交換

スライドは刻印が違いますが交換出来ないのでそのままとします。またフレーム自体は違いが無いのですがTACTICALはセーフティがアンビになっていますが、ここはアンビの方が良いのでやはりこのままとします。あくまで見た目だけのUSP45です。

まずバレルはAmazonでNBのメタル アウターバレルを購入しました。出来るだけ安くをモットーにNBを選択しました。
下がUSP45用のバレルです。



次にインナーバレルですがKWAのUSP45用のインナーバレルは入手出来ないので多分同じであろうKSCのUSP45のインナーバレルをKSCから取り寄せました。



バレルが短い分、インナーバレルも短くなります。写真を撮り忘れましたがホップパッキンの取りつく付近の形状が違っていて、そのままでは交換出来ませんでした。3mm程度短くカットして使いました。

インナーバレルには一部平らになっている部分が有り、ここを基準に長さを合わせました。



アウターバレルとインナーバレルの位置関係はこのようになります。




それからサイトですが、これはUSP用のサイトが1セット手元にあったのでTACTICALに付いていたサイトを取外し、代わりにUSP用のサイトを取り付けるだけです。

リアサイト
USP45 TACTICAL


USP45


フロントサイト
USP45 TACTICAL


USP45



最後にマガジンのベースプレートです。これは交換しなくてもどちらのタイプもアリと思いますがKSCにパーツ注文する際に合わせて注文したので交換することにしました。余談ですがKSCのパーツ注文はwebサイトから出来、支払いも銀行振込なので銀行振込なのでインターネットバンキングをしていれば実に簡単にできてしまい、大変便利です。但し送料が高いので、出来るだけまとめて注文するようにしないとなりません。






完成です。見た目はアンビセーフティのUSP45です。














レイルアダプタの取付





BB弾を装填して実射してみましたが、問題ありませんでした。初速は90m/s前後です。マガジンが冷えに弱く1発毎に初速が落ちていきます。




一時期お熱だったネジ付バレルですが、最近はネジがない方がすっきりして良いと思うようになってきました。
次はP10SDを何とかしないと。

  
タグ :USP45KWA


Posted by sunny956  at 21:30Comments(2)★KWA USP45 TACTICAL

2016年11月23日

やっときましたVP9

あちらこちらのブログでVP9を手にされた方々がレビュー記事をアップされているのを見て、うちのVP9は何時届くんだぁと心の中で叫んでいましたが、その思いがやっと通じたらしく昨夜宅急便のお兄さんが夜遅く届けてくれました。いつも有り難う御座います。

第一印象は箱がちっさ!!



下の箱はKWAのUSP45 TACTICALの箱ですが大体このくらいはあるんじゃないかと想像していましたから。



外観を見る前に、まずは実射から

マガジンの温度は手で握りしめて28℃まであっぷ!



実射  凄いリコイル!!  ガツンときますガツン
初速は72~70mpsという並の数値ですが、とにかく鋭いリコイル。音もかなり大きいです。リコイルはCO2ガスガンを撃った時と同じくらいでしょうか。楽しいです。


しかし、実は最初にガスを入れて撃ったら弾ポロだったんです。何じゃこりゃ、返品だ!と思ったんですがお店のブログで出荷前にNON HOPに調整すると書いてあったのを思いだして、HOPを調整したところ無事にBB弾が発射されました。



まぁ出尽くした感は否めませんが外観も見ておきましょう。






左側の刻印



右側の刻印



レイル下面のシリアルナンバープレート



トリガガードの注意書き



私が購入したのはSpecialComboなので
Crusader DXフロント/リアサイト
Crusader DXエキストラクター
Crusader DXディスアセンブルレバー
が最初からついてきています。

リアサイト


フロントサイト

エキストラクター

ディスアセンブルレバー


マズルの内側にはサイレンサーアダプタを取り付けるネジが切られていてライフリングは再現されていません。
インナーバレルが金色で存在感をアピールしています。



チャンバーの金属感がなんとも言えない良い味出しています。



マガジンはツルピカ。



こんな刻印がはいっています。



背面の造りはあっさりしていて少々物足りないです。



重量はマガジン込みで727g。手にするとズッシリと重みを感じます。



私の所有しているハンドガンの中で握った感じがもっとも近いのがS&W M&P9でした。大きさもほぼ同じです。





撃って良し、見て良し、さわって良しのVP9。国産では味わえない逸品です。

  
タグ :HK


Posted by sunny956  at 21:53Comments(0)VP9

2016年11月09日

KSC M93RⅡ HW(07) その2

M93と言えばフォールディングストック抜きには語れませんよね。ってそんなことも無いんですが、ある物は付けてみたいのが人情です。
購入したのはKSC純正ではなくTFCのメタルフォールディングストックになります。何故かと言えばマガジンを避けて折りたためるからです。



このような状態で箱に入っていました。




銃に取り付ける手順はこのようになります。


















金属の塊感が増していい感じになります。  
タグ :KSCM93R


Posted by sunny956  at 19:46Comments(0)★M93RⅡ

2016年11月07日

KSC M93RⅡ HW(07) その1

最近ミリブロを見ているとKSCのM93RⅡが再販されたというSHOPのエントリーが目に付きました。
それで・・・・ついつい・・・・ポッチとな




でもこれは新品ではなく中古です。でもキズもなくとてもキレイなものでした。但し製造年は古く2012年~2013年頃の製品ではないかと思われます。








刻印を見てみましょう。PIETRO BERETTAとなっています。



右側面。P.B. MOD93R MADE in ITALY-PATENTED



このあたりも心憎いですよね。だからKSCからはなれられないんです。



セレクターとセーフティ。セレクターはセミと3点バーストがマーキングされていて、その途中がフルになります。その後ろにあるのがセーフティで今のポジションがファイヤーで下に押し下げるとセーフポジションになります。




マズルジャンプを抑制するためのマグナポート。開口部のギリのところまでインナーバレルが来ています。



スライド上面




リアサイト



フロントサイト




32連マガジン





良い眺めです。



KSCのM9と並べてみました。M93RⅡが大きいのではないかと思っていましたが、並べて見ると同じですね。M93RⅡは延長されたバレル、フォールディングストック、グリップからはみ出たマガジンのせいで大きく見えるのではないでしょうか。



こうしてみると同じというのが良く分かります。



マガジンは共通なので入れ替えてもご覧のようにきっちり入ります。






  
タグ :KSCBERETTA


Posted by sunny956  at 21:26Comments(0)★M93RⅡ

2016年11月04日

KJW G19 のその後

KJワークスのG19ですが刻印入りのHWスライドを活かすためにフレーム周りをプチカスタムしてみました。




今回用意したパーツ達です。
GUARDERのフレーム、シリアルナンバープレート、トリガー、エクステンド・スライド・ストップ、マガジンベースになります。



こちらはGUARDERのノズルハウジングとKJワークスのハンマー・ユニットになります。この2点はカスタムというのではなく、私がいじり壊してしまったので修理用に購入した物です。



作業の内容は結構苦戦して、あまり写真が撮れていないので悪しからず。

まずフレームを見てみましょう。KJと比較してバリも少なく握り心地が良いですね。



今回購入したのはUSバージョンです。アメリカ合衆国ジョージア州スマーナというUS GLOCKの所在地が入っています。





こちらは特許の番号かな



シリアルナンバープレートは前後の張り出しを適当に切って瞬着で接着しました。




マガジンベースは↓の部品を交換して取り付けます。ガスの充填の際はベースをずらさなければなりません。






トリガーも交換します。

交換前


交換後。表面がすべすべになりました。


スライドストップはスタンダードからエクステンド・スライド・ストップに交換しました。




あとはハンマーユニットを新品に交換し、ノズルハウジングを交換して完成です。





















ノズルハウジングとハンマーユニットを交換したらコッキングインジケーターが働くようになりました。

ハンマーダウン時


ハンマーコッキング時


最初に組み込んだ時はスライドが全く動かず焦りました。プラハンで叩いてスライドを外して当たっているところを削り何とか動くように仕上げました。
価格がお手頃だったKJワークスのG19でしたがパーツ代でもう一挺買えてしまいましたね。パーツは高いので注意しなくては。


  
タグ :G19KJ


Posted by sunny956  at 22:45Comments(3)★G19

2016年11月01日

KJW G19 スライドHW 刻印入り

KJWのG19は無刻印だけどスライドはHWで価格も安く結構売れていましたが、やっぱり無刻印はちょっとね・・・ということで手を出しませんでしたが、ここに来てスライドにリアル刻印が入ったもモデルが販売されているのを知って、つい買ってしまいました。




セールスポイントのスライドから見てみましょう。



少々浅めの彫りですがリアルな刻印が入っています。

反対側も。シリアルナンバーやプルーフマークが入っています。HW素材が金属っぽさを出していますね。
(実は表面の仕上げが良くなかったので、軽くサンディングしてブルーイングしています)
エキストラクターは別部品ではなくモールドですが良く出来ています。



上面から。



メタルスライドは金属的なチャキーンと言う音が素敵ですが、HWの方が金属の雰囲気があって見た目は良いですね。

では無刻印のフレームを見てみましょう。





シリアルナンバープレートはマルイ式のスライドする安全装置になっています。



グリップにバリが出ていて握ると手に感じます。



のっぺりとしたスライドストップ




表面がザラザラしたトリガー。



マガジンベースも無刻印。



上半身はなかなかの出来ですが、下半身はどうも頂けません。






このスライドを活かすためにフレームを取り替えてチョコチョコとカスタムして行こうかなと思っています。




  
タグ :グロックG19


Posted by sunny956  at 20:34Comments(0)★G19