2018年12月08日

マルシン モスバーグM500を撃つ!

マルシン モスバーグM500を撃ってみました。



まず、BB弾を装填します。シェルチューブ先端のレバーを押して180°回します。



これでマガジンチューブのロックが解除されます。



3本が束になったマガジンチューブを前方に引き出します。



このスリットからBB弾を入れていきます。50発程度いれたらチューブの先端を回して次のチューブにまた50発入れます。それを3回繰り返して都合150発BB弾を装填します。実際にはお座敷でそこまで撃たないので2~30発しか入れていません。



BB弾の次はガスの充填です。ガスの注入口はここにあります。ガスボンベのノズルの角度に注意しないと上手くガスが入ってくれませんでした。



ボルトにあたる部分にガスタンクがありますので、その辺をドライヤーで温め27℃弱にしました。



驚くべき数値が出てます。ほんとかな? 真夏は危ないですね。音はパスッという感じでとてもこんな数値が出ているような音ではありません。




初速が高くて気持ち良いので、7mの距離から標的を撃ってみました。標的の直径は105mmです。



手持ちでプルプルしながら撃った結果としてはまぁまぁ纏まっているんじゃ無いでしょうか。腕が良ければもっと集まると思います。



ショットシェルは飛び出しませんがフォアエンドを引くとガシャーンと金属が鳴り、それがたまりません。



続くかも・・・・

  


Posted by sunny956  at 20:32Comments(2)モスバーグM500

2018年12月06日

マルシン モスバーグM500

マルシンのモスバーグM500を入手しました。現在は販売されていませんからヤフオクです。



このモデルは6mmの単発仕様になります。マルシンのモスバーグには6mm単発の他に3発、5発同時発射仕様とか8mm3発同時発射仕様があるようですが今となってはよく分かりません。お座敷シューターの私としては6mm単発仕様が希望でした。








フロントサイトはビーズタイプ。



バレル正面にあるヒートシールドはスチール製と思われますが赤錆が発生しています。





左側面の刻印。一見実物通りかと思いましたが、MOSBERGの下にMADE IN KAWAGUCHI.JAPANの文字がありました。







右側面はASGKとマルシン工業の刻印です。



フォアエンドを引くとボルト(カバー)がこれだけ後退します。そこにホップ調整のスクリューが現れます。



ガスの注入口は下部にあります。



セーフティはストックのグリップ上部にあります。これは使い易いです。



トリガーの後方にアクションバー・リリースレバーがあります。写真はフォアエンドをひいているコッキング状態です。レバーを押し込むとアクションバーのロックが解除されてトリガーを引かなくてもフォアエンドを引くことが可能になります。


マルシン モスバーグM500の重量は実測2980gでした。先にアップしたAPS CAM870は2550g。どちらもフルメタルですがモスバーグはシェルチューブにインナーマガジンを内蔵しているので、その分重量が増加しているのでしょう。



続く・・・・

  
タグ :M500


Posted by sunny956  at 05:12Comments(0)モスバーグM500

2018年12月02日

WE XM177E2を撃った!

WEのXM177E2を撃ってみました。




マガジンを懐に入れて人肌に温めました。表面温度は30°。結構芯まで温まってます。







初速は81m/s~83m/sと結構出ています。長物でこのくらい初速が出ていれば十分ではないでしょうか。リコイルはこれが肩にズシンとくるんです。NPAS内蔵ですから初速側に振ればリコイルが犠牲に、リコイルを求めれば初速が低下するのでしょうが、XM177E2はどちらも良い状態になっています。これは撃っていて楽しいです。

次に刻印を入れるために分解をしました。アッパー・ロアー共に塗装を剥がし、ロアーに刻印を入れその後再塗装を考えています。
従ってアッパー・ロアー共に完全分解が必要です。

途中経過の写真は撮ってないんで、いきなり完全分解の図。



細かい部品は機能別にプラケースに収納しました。後でこのピンは何処のだっけとならないように。



VFCやINOKATSUと違ってWEは分解が割と容易に出来るので助かります。

分解ついでに内部を紹介します。

ボルトはWEのM4と同様のボルト。上部にローラーが付いているのが特徴です。



トリガー、ハンマーのファイアリングメカはユニットになっています。お陰で分解はとても楽です。一方でリアリティは失われていますが。



ファイアリングメカの為にトリガーピン等はダミーになっています。



チャンバーの上部にセットスクリューがあり、これでホップ調整を行います。



素のアッパーとロアーです。



ここまで来れば刻印入れを請け負ってくれる業者さんに送付すれば終わりなんですが、色々とあって直ぐには出来なくなりましたので発注は少し先になりそうです。それまでバラバラにして置くか、一旦組み立てるか悩みどころです。


  
タグ :WE


Posted by sunny956  at 06:34Comments(2)XM177E2

2018年11月27日

KSC M9A3 その②内部&実射レビュー

いきなりですが、M9A3の特徴であるスレテッドバレルにサプレッサーを、アンダーレイルにタクティカルライトを装着しました。



サプレッサーは手持ちのAACのSPIDERという9mmハンドガン用のものです。勿論レプリカです。



タクティカルライトはSUREFIREのX300 レプです。





タクティカルなサプレサーじゃないので少々おとなしめな姿になりました。



ではでは中を見てみましょう。










次は実射です。マガジンはドライヤーは使わず人肌で温めました。30°弱です。懐に入れて人肌で温めると芯まで温まりますよ。



初速は83m/sから徐々に下がって1マガジン撃ちきることには80m/sになりました。これは予想よりもいい数字。リコイルも結構ビシッビシッと力強いです。見た目より強そうです。






もともとKSCのM9は評判良いですから、このM9A3もM9ゆずりですね。問題は色だけだ!!


  
タグ :KSC


Posted by sunny956  at 12:09Comments(0)M9A3

2018年11月25日

KSC M9A3 その①外観レビュー

1985年M1911A1に代わり米軍正式拳銃M9が採用された。それから30年近くその座を守ってきたが、徐々に古さを感じずにはいられなくなった。
2014年ベレッタ社はM9のアップデートプログラムとしてFDEのM9A3を提案したが米軍はM9A3では拡張性に限界があるとしてその提案を蹴った。そしてM9A3は米軍に採用されること無く市販されることとなった。
そして2015年から次期正式拳銃採用コンペ(MHSコンペ)が始まった・・・・・

そんなM9A3をKSCがモデルアップしてくれました。予約を入れようかとも考えましたが、色を見てから考えることとし,
お店で現物を見て購入しました。



パッケージはM9ではお馴染みのデザイン。



サイドにある、このステッカーで区別してます。



M9A3で一番の特徴はカラーじゃないでしょうか。前説ではFDE(フラットダークアース)と書きましたが、このモデルはタンカラーとなっています。従って想像している黄土色ではなく、やや黄色みが強くなっています。またフレームはゴールドです。とは言ってもVFC HK416A5のラメ入り金色よりは落ち着いたゴールドです。





カラーは照明の具合で違って見えますので写真で本当の色を伝えるのは難しいと思います。思っているより黄色いです。お店に行って現物を確認してもらうのが一番ですね。

そうは言ってもお店に行くのも大変でしょうからFDEカラーのハンドガンと並べてみましょう。

まずはM45A1と。



次はFNX45と。



随分と明るい色でしょ。

M9との大きな相違点は
・サプレッサーが装着可能なスレテッドバレル
・ウェポンライト等の取付けが出来るようダストカバー下部にピカティニーレールの設置
・手の小さい人にも握りやすいバーテックスタイルのグリップ
・15°の角度がついたセーフティレバー

ではそこらを中心に見て行きましょう。

サプレッサーが装着可能なスレテッドバレル。14mm逆ネジになっています。バレルがABS樹脂なので強度がちょっと心配です。



・ウェポンライト等の取付けが出来るようダストカバー下部にピカティニーレールの設置



・手の小さい人にも握りやすいバーテックスタイルのグリップ。グリップにベレッタのマークはありません。



・15°の角度がついたセーフティレバー



作動はM9と同じです。ファイアリングピンはセーフティと連動して動きます。



ではその他、刻印とか見て行きましょう。左側です。PBのところはいつもと同じPPになってます。



右側。



こんなところに小さくJASGの文字が。



テイクダウンレバーを回すとKSCの文字があります。



フロント/リアサイト



スライド上面。オートマチックファイアリングピン・ブロックセーフティとピンはモールドでタンで塗装されています。



マガジン。



重量はマガジン込みで893g、ずっしときます。この写真の色が良いですね。実際はもっと明るいです。




以上です。

続く・・・・

  
タグ :KSCM9A3


Posted by sunny956  at 22:49Comments(0)M9A3

2018年11月18日

WE XM177E2を買った!!

以前マルシンのモデルガンXM177E2を持っていましたがモデルガンの手入れの煩わしさと手持ちのコレクション整理の観点から手放してしまいました。質感や全体のフォルムには好感を持っていたので残念だったのですが。

しかし好きなフォルムであることから、たまたま目にしたWEのXM177にひかれてしまいポッチとしてしまいました。私のコレクションの(それ程強くは無い)こだわりにできるだけ忠実な刻印があり、余計な刻印が無いことがあり、過去に手にしたWEのM4も2挺とも刻印有りでした。
でも今回購入したWEのXM177E2(製品名はXM177ですがボルトフォワードアシストがあることからXM177E2と思われます)は刻印無しモデルですが、これについては別途刻印を入れてもらおうと計画していますので刻印なしでもOKとしました。。その辺についてもブログで紹介していければと思っています。






スチール製のフラッシュハイダー。それ以外でフロント周りにスチールパーツはありません。



ハンドガードは結構がっしり出来ています。内側にはアルミのヒートシールドがあります。スリングスイベルも付いています。



ハンドガードを上から見たところ。ガスチューブが見えています。ガスチューブはスチールのようです。



レシーバー右側面。レシーバーは上下ともツヤ消し黒っぽい塗装のようです。エジェクションポートカバーはスチールです。



レシーバー左側面。



ご覧のとおり刻印はありません。



グリップはフィンガーレストのないA1タイプ。A2グリップと比べるとこちらの方が握った感触が良いですね。



リアサイトとチャージングハンドル。



ストックは4段階に調整出来ます。M4のストックより小振りなところがお気に入り。









実銃でも米国のBROWNELLS社が復刻版といえるモデルを販売していることから、そこそこ人気があるのかなとかってに思っています。


https://www.youtube.com/watch?v=aTdXOTKg-HUより画像キャプチャーさせて頂きました)

続く・・・・・(と思う)



  
タグ :WEXM177E2


Posted by sunny956  at 10:22Comments(0)XM177E2

2018年10月31日

APS CAM870 MK2J POLICE 実射編

APS CAM870 MK2J POLICE の 実射ノ前にショットシェルを見てみましょう。
左から実物12Gougeの空薬莢、APS、PPS、マルゼン、MGC(モデルガン)となります。


大きさ的にはAPS、PPSが実物に近いです。



真ん中のPPSはシェル蓄圧式ですからプライマーのところにガス注入口があります。



では実射です。BATONさんのH.Pでも初速はあまり出ていないと書かれていましたので過度な期待はせずに、まず室温で。



ポロっと弾が出る感じ。これではね。



ドライヤーで温めてボルト表面を37℃にしました。



これで60~70m/sというところ。かなり低いですね。BB弾を発射しないでシェルの排莢を楽しむのが良さそうです。





では実際のシェルの排莢はどうでしょうか。かなり遊んでみましたがジャムは皆無とは言いませんが、気になるほどではありません。
確実にかつ一定のスピードでフォアエンドを操作すればほとんどジャムりません。
下の動画は5発を2回撮影したものです。1回目は通常速度で2回目は1/8SPEEDでの再生になります。
(TVの音声を消していないので少々うるさいです)


シェルの装填、排莢を楽しむには良い銃です。

  
タグ :APSCAM870


Posted by sunny956  at 21:07Comments(0)CAM 870 MK2-J POLICE

2018年10月30日

APS CAM870 MK2J POLICE 外観レビュー

APS CAM870 MK2J POLICEについてはネット上ではあまりレビュー記事を見ないですね。YOU TUBEでは見かけますが前にも書いたようにジャムや二重給弾といった不具合事例の紹介動画が目立ちます。

では外観を見ていきましょう。

このフォルムが好きなんです。絶妙のバランスです。
材質はストックとフォアエンドを除きメタルです。



では前の方から。バレルの先端はこのようにインナーバレルが先端まで達していてそれを固定する為のブッシングようなパーツが先端と面一になるよう固定されています。ショットガンの大口径の迫力が感じられませんね。



ビーズタイプのフロントサイト



ボルトはシルバーでガスの注入口があります。エキストラクターはスチールです。



レシーバー左側に”CAM X-P 18D SERIALNo.”刻印があります。SERIALは消してあります。



シェルキャリアはスチール製です。



トリガー周り。トリガーはスチールです。




セーフティボタンの赤いマークは塗装では無くて樹脂のようなもので作られたリングがはまっているようです。




トリガーガード下面



ここにも薄いですが刻印があります。
Made in China
Production by APS Ltd
Patent Pending



レシーバー上面



ストック後端。何か刻印が欲しいところです。



シェルは2発が付属しています。追加購入は1箱4発入りになります。



4set追加で購入しました。ケースはPLANOのSHOTGUN SHELL CASEです。


全体のフォルムや質感は合格点ですがレシーバーやバレルの刻印がリアルで無いのがマイナス点ですね。




続く・・・・



  
タグ :APS


Posted by sunny956  at 21:53Comments(2)CAM 870 MK2-J POLICE

2018年10月19日

ショットガンが欲しくなった!

で、買っちゃった。
APS airsoftのCAM 870 MK2-J POLICE。



今までに購入したショットガンはマルゼン M1100とPPS M870でしたが、現在は2挺とも手持ちにはありません。それに懲りずにまたまたショットガンが欲しくなってしまって。

欲しいのはM870のショートバレルでは無いロングバレル。PPSでもよかったのですが現在販売されていません。ヤフオクでも見かけません。マルゼンのM870はありますがフルメタルでないのでパス。そうなると残るはDOMINATORかAPSの2択ですがDOMINATORは7マソくらいするのでパス。そうして残ったのがAPS CAM870でした。

このモデルもレビュー記事を見るとジャムや2重給弾が多くて使えないとか修理方法の動画とかネガティブなネタが多くて不安がいっぱい。

これからそのあたりをレビューしていきます。
  
タグ :APS


Posted by sunny956  at 22:04Comments(0)CAM 870 MK2-J POLICE

2018年10月13日

INOKATSU SOPMOD M4A1 弾ポロ改善

弾ポロの原因がホップラバーの破れと分かりましたので、新たなホップラバーを入手しました。




G&P WP96 WA M4 強化ホップアップラバー(ウェスタンアームズ マグナブローバックシリーズ対応)です。これだけのものなのに2000円もするんですね。エアガンのパーツは高いなぁ。





元々取り付けられていたホップラバー(右側)と形は酷似している。堅さは右側の方がかなり軟らかい。G&Pのパーツは硬度75度となっている。



インナーバレルに問題なく取り付けられます。





矢印のマイナススクリューでホップの掛かりを調整するんですが、CW方向にいっぱい回してもラバーのところまでスクリューの先端が届かないみたいで調整が出来ないんです。でもこの状態でも構造的にBB弾を保持してくれているので、弾ポロは解消されています。
お座敷シューターですからホップの効きはまぁどうでもいいんですよ。



試射したところ弾ポロは完全になくなりました。初速調整の為にホップラバーに孔を空けたのなら、孔を塞いだら初速が上がるはずです。
しかし気温が下がってきている中で、あまり正確な初速が測れていないんですがマガジンをドライヤーで温めて90m/s前後でした。
何もしないと70m/sを下回るほどです。



これでINOKATSU M4A1の不満点は解消されました。



  
タグ :INOKATSU


Posted by sunny956  at 21:35Comments(0)SOPMOD M4A1