2015年03月25日

M712 ガスガンとモデルガン

マルシンのガスブロ M712とかなり昔の組立キットのモデルガンを比べて見ました。

左がガスブロです。モデルガンはABS製なので思いっきりプラ丸出しです。



写真で見るとABSもブルーイングの様にも見えますが・・・・



刻印でわずかな違いが見つかりました。
こちらガスガン。一番下のところにSTGA 6とあります。全日本トイガン安全協会の刻印です。


モデルガンの方にはありません。


フロントサイトが違います。手前のガスガンの方が大きいです。8mmバージョンの時はバレルも太くサイトも大きかったようで、その名残なのでしょうか。


その他並べて見てみます。


左のモデルガンにはボルトに小さな刻印があります。


モデルガンのマガジンの底にはモーゼルの刻印が入っています。モデルガンは結構リアルに出来ていますね。


グリップの比較です。左がモデルガン。右がガスガン。どちらもプラ製ですがモデルガンの方が色とか木製っぽい
雰囲気が出ています。それからグリップスクリューのリテーナーとナットがモデルガンは真鍮色でガスガンは黒です。


実物の写真を見るとここは金色に見えますね。



ここでもう一度並べて。下がガスガン。



やはりグリップがイマイチですね。木製に交換したいですが5~6000円もしますから、ここはモデルガンのグリップをお借りしましょう。





ちょっと良い感じになりました。でも実射性能がねー。もうちょっと安定していると良いですが。

そういえばマルシンの排莢式グロック21も結構生ガス吹いてました。










  

Posted by sunny956  at 20:45Comments(0)★M712

2015年03月23日

マルシン M712 調子イマイチ

ではBB弾を装填して実射です。

はじめにショートマガジンです。ガスはすぐいっぱいになります。
では撃ちましょう。セミで1発、2発、おぉぉぉ調子いいじゃないと思ったとたん2連バースト、2連バーストで終わり。
何回かやってみましたが最終弾までセミで打ち終えることはなかったかも。

続いてロングマガジンです。こちらはショートマガジンよりは調子良いです。やはりガスタンクの容量が大きいお陰でしょうか。セミもオートもほぼ打ち終えることが出来ます。たまに最終弾が残ってしまうことがありますが。

いずれもあまり早い連射は苦手なので1発、1発じっくり撃ってあげないとね。

セミの初速は69~71mps。


連射サイクルは790RPM。1秒間に13発って早いですね。2秒足らずで25発全弾撃ち尽くすってことです。


まぁ撃つより見て触って楽しむことにします。




  


Posted by sunny956  at 20:56Comments(1)★M712

2015年03月22日

マルシン M712 HW

マルシンから再販になったモーゼル M712 HW (ノーマルバレル 6mm仕様)を入手しました。出来るだけオールドガンには手を出さないようにしてきたのですが、つい・・・・
まぁマルシンのモデルガン 組立キットも組んでいるくらい好きな銃なんです。

箱は最近のマルシンスタンダードです。



蓋を開けると発泡スチロールに本体やロングマガジンが収められています。付属品としてはロング/ショートマガジンの他に8mm版の説明書と6mmの相違点を書いた注意書きとトリガをガクッと引かないとフルになっちゃうよと言う注意書き、あとホップ調整用の六角レンチとサンプルBB弾が入っています。



本体と付属するロング/ショートマガジンです。本体はツヤ消しの黒で塗装されていて良い感じです。






刻印はMAUSERと入っています。


反対側も多分正しい刻印ではないでしょうか。


セミ・フルセレクタとセーフティレバーが見えます。


ハンマーを引いていない状態でセーフティをかけるとハンマーがファイヤリングピンから離れます。


グリップはプラ製です。色というか質感がイマイチです。木製グリップも別売されていますが価格が5~6000円もするのとウエイトが入っていないので重量が軽くなってしまうのでどうしようか思案中。


ロングマガジンは装弾数25発、ショートマガジンは9発になります。


重量はショートマガジンで1123g。1kg越は重量感ばっちり。


ロングマガジンにすると1297gにもなります。でも持っているとバランスがいいのか、それ程重くは感じません。



見た感じは重量もありおもちゃっぽさがなく好印象です。

次は実射編です。










  


Posted by sunny956  at 22:43Comments(0)★M712