2018年09月24日

INOKATSU SOPMOD M4A1の不満点

久々にINOKATSU M4A1の記事になります。色々アクセサリーを取り付けて現在の姿はこのようになっています。




外観は問題の無いINOKATSUですが、満足のいかないところが2点ばかりあります。

その1 ホップが弱いせいかホップチャンバーのBB弾保持力が弱くバレルを下に向けると弾ポロすることがあります。

その2 ボルトフォワードアシストノブを作動させてもボルトキャリヤが前進しない。


ではこの2点を何とかしましょう。

まず分解します。



弾ポロについてはホップを強くしてあげれば直ると思いますので調整をしましょう。
ホップの調整はどこかな。

バレルの下部に調整ノブが付いているような構造なのに、何もないです。



チャンバーの下部にそれらしき凹みがありますが、中を覗いても調整用のイモネジとかはありません。



調べてみるとバラしてチャンバーを剥き出しにしないとホップの調整は出来ないようです。

ではバラしていきます。

フロントサイトを外すためにピンを抜きます。



が、、、、ピンが固くて抜けません。



バラすにはバレルナットを外さなければなりません。その為にはガスチューブを抜かないとバレルナットは回せないので兎に角ガスチューブを抜くことにします。そのためにフロントサイトのピンを抜いて・・・・・



ガスチューブを後方側にずらしてフロントサイトから抜いて、それからフロントサイトを避けつつ前方に抜きます。
ここまでは順調。



でもってバレルナットを緩めればいいんですが、これがびくともしない。何でこんなに固いんだ。
下手をすると怪我をするか、銃自体が壊れるかしそうなのでこれ以上の分解は諦めます。従って弾ポロは直せませんでした。



気を取り直してボルトフォワードアシストノブの改良です。

既存のノブを外します。



ノブの先がありません。トイガンではノブを操作してボルトを前進させる必要はないので、これでも全然問題ありませんが、これが趣味となるとこだわっちゃうんですよね。用意したのはNew Age のスチール ボルトフォアードアシストノブです。(写真下)



矢印の部分を削ってスムーズに動きかつボルトキャリアの動きに干渉しないように調整しました。



これで今回の不満点の修正は終わりです。弾ポロはいつかリベンジしたいですね。











同じカテゴリー(SOPMOD M4A1)の記事画像
INOKATSU SOPMOD M4A1 弾ポロ改善
INOKATSU SOPMOD M4A1 分離成功!
INOKATSU M4A1  その②
ついにINOKATSU !!
同じカテゴリー(SOPMOD M4A1)の記事
 INOKATSU SOPMOD M4A1 弾ポロ改善 (2018-10-13 21:35)
 INOKATSU SOPMOD M4A1 分離成功! (2018-10-10 20:44)
 INOKATSU M4A1 その② (2017-07-24 22:47)
 ついにINOKATSU !! (2017-07-20 06:39)

Posted by sunny956  at 22:00 │Comments(2)SOPMOD M4A1

この記事へのコメント
イノカツのフロントサイトピンは実物同様テーパーピンなので片側にしか抜けません。また、バレルナットは単にきつく締まって居るだけだと思われますが熱湯やホットガン等でナットを温めてあげると効果があるかと。
Posted by lightstaff at 2018年09月25日 13:34
lightstaff様

コメントありがとうございます。落ち着いて考えてみたらフロントサイトピンの叩く方向が逆だったかも。もう一度確認してトライしてみます。バレルナットについては私も熱してみようと思い、ガスバーナーを物色中です。
進展がありましたらブログで紹介させてもらいます。
Posted by sunny956sunny956 at 2018年09月28日 05:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。